Uncategorized

合宿免許の注意や持ち物

運転免許の合宿についての費用や時間はもちろん、実際に参加するとなったときに、持ち物も気になるポイントとなるでしょう。通学ではなく合宿になるために、「忘れたから家に取りに戻ろう」と気軽に行動もできません。運転免許合宿で必要な持ち物と、あれば便利な物など、当日に焦らなくて済むようにひとつひとつ確認していきましょう。合宿免許で必要となるものとして、住民票、身分証明書、印鑑、健康保険証など公的な書類が挙げられます。実際に試験を受けるときに必須になることはもちろん、緊急で何かあったときに対応ができるよう健康保険証は必ず持参しておきましょう。ある程度のお金も持っておけば安心です。また、勉強をするための筆記用具は多めに持っていきましょう。他にも、メガネやコンタクトレンズなど視力を矯正するもの(矯正した視力で両目0.7以上なければ免許の取得はできません)、運転しやすい靴や服、他に自動二輪の免許も合わせて取得する場合にはグローブやヘルメットも用意していきましょう。個人個人で必要なものは異なりますので、免許取得のために必要なものと合わせて、生活する上で必要なものも忘れないようにしましょう。他に合宿免許で「あれば便利なもの」として、部屋着や延長コード、洗濯ネットやハンガー、大きめのバッグ(A4のテキストが入るもの)、スリッパ、携帯の充電器などがあれば便利に過ごすことができます。免許合宿では、洗濯をすることが必須となっています。コインランドリーを使うための100円玉を多めに用意しておいても良いかもしれません。部屋にどんなものがあるのか、コインランドリーは無料か有料かなど、事前にきちんと調べておけば安心できます。