Uncategorized

マニュアルとオートマの差異

昔は、男の人が車の免許を取ると言ったら、マニュアル車の方がかっこいいというような考え方が一般的であったという風に言われることが多いようにも感じられますが、最近では、オートマチック車でも、マニュアル車でも、そのような区別はほとんどなくなってきたという風に言われているようです。そもそも、車社会の発展によって、メーカー側でもオートマ車が非常に高度な技術を持つようになってきており、クラッチとギアの操作が自動で行われるというようなところに、メーカーの技術がきちんと集まってきている、という風に言えるでしょう。とりわけ、家族を持つようになったあとに載る、ファミリーカーと呼ばれる大型の車などはほとんどの場合がオートマチック車である場合が多く メーカーも力を入れてオートマチック車を開発しているように言われるわけです。ギアは、自動と言いながらもバッグをする際などには、レバーを自分で操作する必要があるわけですが、注射の時やエンジンを動かす時に使うパーキングや、バック動作を行う際のリバースや、エンジン始動ができるかどうかを試すニュートラルや、普通の運転を行うドライブなどのように車の運転の方向であったりパターンを変えたりする際には、チェンジレバーを操作する必要があるわけです。この点において、マニュアル車とは大きく異なり、直感的にシンプルに操作しやすいのがオートマチック車の利点であり大きな特徴であるというふうに言えるかもしれません。実際のところ、現代では、専門の作業車などを運転する場合などを除けば多くの場合オートマチック車で事足りてしまう場合が日本では多いため、大学生などの場合にはオートマチック車で免許を取る人がほとんどである、という風に言われることが多いようです。