Uncategorized

見えないポイントの感覚の掴み方

特に、初心者が感覚として、なかなかつかむことができないものの一つとして、車には死角と呼ばれる見えないポイントがあることは、一般的に知られているわけでありまして、車の構造上、どうしても、ミラーを使ったとしても、見えない部分が出てきてしまうわけです。このようなポイントというものを、注意して見ておかなければ、取り返しのつかない事故を、免れられないという風に考えておくことが、重要だと言えるでしょう。これは、つまり、自分自身が乗っている車が、どれくらいの大きさで、乗っている自分自身が、どの場所にいるのか、ということを感覚的に、つかんでおくことが重要だという風に言えるでしょう。一般的に言われる見えないポイントというものは、前方がおよそ5 M ほど、後方はなんと8メートルにわたって、見えないポイントが続いている、というふうに考えられており、サイドを見ても運転席側では1 M が見えず、助手席側では4 M が見えない、というようなケースが見受けられているようです。単純に考えても、地面よりもやや高く、囲われている箱の中にいるという風に考えれば、見えない理由も自ずとわかってくるのではないか、と考えられるわけです。実際のところ、見えないポイントに何かが入っていても、気づくことは出来ます。それは、実際に足を動かして、外に出てみて周囲に障害物や人間などがいないかどうか、を確認するという、アナログな作業が重要だということは、言うまでもないことであるというふうに言えるのではないでしょうか。