Uncategorized

ハイブリッドカーの今後

ハイブリッドカーがいかに優れた性能を持っていても、ハイブリッドならす
べてが善で、それ以外の車は悪だと単純に考えてはいけません。車の良し悪し
は、表面的なスペックや燃費などの数字だけで判断できるものではないからで
す。トヨタ・プリウスも評価されているのは、単に燃費がいいからだけではな
く、誰でも違和感なく運転できて、乗り心地も良く実用的であるという、優秀
なドライバビリティと快適性を備えているためです。
 おそらくトヨタもホンダも、今後プリウスやインサイトを足がかりに、もっ
と彩りや楽しさのあるハイブリッドカーを発売していくことでしょう。実は初
代プリウスは一般的なノッチバックセダンのスタイルでは空気抵抗を下げるの
に限界があったために、日本では本来不人気な5ドア・ハッチバックのボディ
スタイルを採用し、作られていました。しかし、ハイブリッドが日本の市場に
おいて、有効なセールスポイントになることが証明された今、トヨタ・ホンダ
以外のメーカーもハイブリッドの品揃えを増やしていくはずです。そうなると、
5ドア・ハッチバックよりもずっと人気のあるミニバンやステーションワゴン、
SUVといったボディ形式のハイブリッドカーが続々登場していくかもしれませ
ん。トヨタのプリウスやホンダのインサイトは、ベーシックなコンパクトカー
として見れば、完成度も高く商品力もあります。しかし、エコカーとしてあく
までも燃費至上主義で作られた車なので、それ以上を期待すると裏切られたよ
うに感じるかもしれません。今後、小型スポーティーカーをコンセプトとした
ハイブリッドカーや、マニュアル仕様とハイブリッドカー、さらにファッショ
ン性や趣味性が盛り込まれたハイブリッドカーの誕生が期待されます。