Uncategorized

応急手当

 交通事故で負傷者が出ると、運転手には彼らを救護する義務があります。まず状態をきちんと観察します。意識があるかは声を掛ければ判断できます。耳元でしっかりと問いかけましょう。但し、負傷者の身体を揺さぶってはなりません。無理に動かすと負傷の状態が悪化することもあるため、救急が到着するまでそのままにしておきます。次に呼吸の有無を確認します。胸が動いていれば呼吸していると見做して問題ありません。胸の動きが不明瞭な時は、負傷者の口や鼻に耳、顔を近付けるなどして確認します。脈の有無の確認も同時に行いましょう。首筋に人差し指と中指を当てれば感得できるはずです。

 これらの確認が済めば、今度は出血しているかをチェックします。出血が確認されれば、その程度を医療関係者に報告できるように調べましょう。嘔吐の有無を確認する時は、口の中まで見るようにします。負傷者に意識があれば、痛みや違和感を覚える箇所を聴き取ると良いでしょう。  負傷者の状態を細かく把握したら、自分の出来る範囲で救護を施します。救急車が到着するまでは、運転手しか助けられる人がいません。素人でもできるのは、出血を阻止することです。つまり止血法を実施することですが、方法としては直接圧迫止血法と間接圧迫止血法とを挙げることが出来ます。誰でも思いつくのは直接圧迫止血法でしょう。傷口にガーゼを当てて、その上から押さえるだけで構いません。巻き付ける布のようなものがあれば、それを用いるのも良いでしょう。他方、間接圧迫止血法は、多少の知識を要します。止血点と呼ばれる部位を圧迫しなければならないからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *