Uncategorized

自然の力と交通事故

 車を運転していると、様々な力が車に働きます。これらの力を軽視すると事故に繋がってしまうため、運転手は正しく学んでおく必要があります。代表的な力としては、慣性、摩擦、遠心力等が挙げられます。これらと速度との関係について、具体的に見ていくことにしましょう。まず慣性ですが、車はブレーキをかけたからといって、またクラッチを切ったからといって即座に停止するわけではなく、しばらくの間動き続けるわけですが、この性質を慣性と呼びます。慣性は速度の二乗に比例して大きくなることが知られており、速度が2倍になると4倍に、3倍になると9倍になります。ですから慣性の影響を小さくするためには、スピードを出し過ぎないことが肝要なのです。

 摩擦についてはどうでしょうか。摩擦は、路面とタイヤとの間で生じる抵抗力を指し、路面が濡れていたり、タイヤが摩耗していたりすると、摩擦抵抗は小さくなります。摩擦抵抗が小さくなれば、停止までの距離が長くなるわけですから、結果的に事故が生じやすくなります。また高速運転中にブレーキを掛けると車輪と道路とが噛み合わず、車体が道路上を滑ることになるため、大変危険です。

 遠心力は、カーブの運転の際、外側に飛び出そうとする力を指して言います。遠心力はカーブの半径が小さいほど、つまりカーブが急になるほど大きくなりますし、速度の2乗に比例して大きくなることも知られています。また、重量にも比例します。ですから大型車の遠心力は普通車に比べて大きくなるわけです。遠心力から逃れるためには、まずもってカーブに差し掛かる前に、十分速度を落とすことが求められます。加えて、荷物の積み方等にも注意します。荷物の積み方次第では重心の位置が高くなってしまい、車が遠心力で倒れやすくなるからです。

こうしたものについても教習所や合宿免許で学ぶことが出来ます。

ぜひしっかりと学んでいただきたいと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *