Uncategorized

アルコールと運転

 当たり前ですが、運転手は運転の直前にアルコールを摂取してはなりません。たとえ少量であっても酒気帯び運転は厳しく罰せられます。アルコールは人間の身体能力を低下させるため、運転に必要な注意力、判断力、目の機能を奪ってしまいます。また、気分を変える効果もあるため、運転が荒くなり、急ハンドルや急ブレーキの回数が増えることになります。こうした運転の仕方は事故に直結しますから、絶対にアルコールを運転から遠ざけなければなりません。直前に摂取しているにもかかわらず、酔いがさめたと考えて運転し始める人もいますが、大変危険な行為です。自覚に頼らず、「乗るなら飲むな」を遵守しましょう。

 アルコールとは関係なく、気が大きくなると、人は荒っぽい運転をしてしまいます。裏を返せば、元々自己中心的な性格の運転手は、酷い運転を平気でしてしまいます。それは交通事故にも繋がりますから、運転手は自分の性格を客観的に知ることも求められます。自己中心的な人は自分の利便を追求するあまり、周囲に対する配慮が見られません。性格は簡単に変えられるものではありませんから、自己中心的な運転手は、自分のそうした欠点をカバーするような運転を心掛ける必要があります。

 さて、アルコールだけが事故の原因であるわけではありません。車に働く物理的な現象も事故を惹き起こします。安全運転を心掛ける上で、物理的現象が運転に与える影響についてもきちんと学んでおく必要があります。具体的には、慣性、摩擦、遠心力、衝撃力等がそれに当たります。慣性とはクラッチを切っても走り続けようとする性質を指し、摩擦とは路面とタイヤとの間で生じる抵抗力を指します。

教習所や合宿免許で訓練しているときも、当たり前ですが酒気帯び運転は禁止です。

ルールを守って運転をしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *