Uncategorized

免許の種類

 教習所や合宿免許に通い取得できる運転免許は大きく第一種運転免許、第二種運転免許、仮運転免許の3つに分かれていますが、それぞれ運転できる車種が定められています。けん引に必要なけん引免許も存在しますが、車の総重量が750キログラム以下の場合や、故障車のけん引の場合は、当該免許を必要としません。

 免許を取得せずに、或いは免許不携帯のままに車を運転することは禁じられています。また、メガネの使用を条件として免許が付与されている場合は、必ず着用して運転しなければなりません。免許の停止処分を受けている場合は、処分期間中に運転すると罰せられるので注意が必要です。運転免許証は取得後生涯使用できるわけではなく、定期的に更新する必要があります。期限が定められていますから、その期限内に所定の手続きを行わなければなりません。運転免許証は警察官から提示を求められることもあるため、すぐに取り出せるような保管の仕方が推奨されます。

 運転に当たっては、人間の視覚の限界を知っておくことが大切です。つまり、視覚には特性があるため、その特性を理解することが、事故の防止に繋がるのです。人間の情報収集の90%以上は視覚によると言われていますが、それでも得られる情報は限られますし、疲労も蓄積します。特に加齢によって機能が低下することは押さえておく必要があります。自分の能力を過信すると、思わぬ事故を惹き起こしてしまいます。視覚に弱点があることを自覚しつつ、安全運転に臨むようにしましょう。

 視覚の特性について、具体的にご説明しましょう。まず気を付けるべきは、疲労で見落としや見間違いが発生し得るということです。また、1点注視に陥ると、注視点以外の視力は低下することが知られています。つまり広い視野で運転するためには、1点を見つめ過ぎないように注意する必要があるのです。全体を万遍なく見るようにしますが、ぼんやりすれば良いのでもありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *