Uncategorized

道路交通法

 教習所や合宿免許で勉強する内容には、道路交通法もあるでしょう。道路交通法には明確な目的があります。具体的には次の3つを指します。第一に、道路における危険を防止することです。第二に、交通の安全と円滑を図ることです。第三に、交通公害を防止することです。もちろんこれらの目的を念頭に、道路交通法を遵守することが基本ではありますが、それだけで明るい交通社会が実現されるわけではありません。お互いに譲り合い、相手を思いやる気持ちも必要と言えます。歩行者や他の車の動きに注意しながら、相手が困っている時は積極的に譲るようにしなければなりません。また、自分の運転で迷惑を被る人がいることを、常に忘れないようにします。例えば夜間の運転は、その騒音や振動を沿線で暮らす人にとってのストレスに変えてしまいます。言うまでもありませんが、道路に物を投げたり、他の車を妨害したりするなどの迷惑行為は許されません。

 思いやりや協力が運転手に求められるのは、緊急時においても同様です。交通事故や故障に際して困っている人がいれば、自分に出来る範囲で連絡したり、救護したりするのが社会人としての責務です。また、どんなに気を付けていても起こってしまうのが交通事故ですから、万一の場合に備えて自動車保険に加入することは大切です。もちろん救急用具を車に積んでおくことも忘れてはなりません。自分が救護に当たることをイメージしつつ、応急手当のスキルを身に付けることも推奨されます。特にプロの運転手であれば、どのような時も冷静に対処できるように、普段から訓練を積んでおくことが必要です。

 最近は携帯電話を車に持ち込む人が増えていますが、当然ながら運転中に携帯電話を手に取ることは禁物です。カーナビゲーションに長時間注意が向いてしまうのも事故の原因となるため、確認する際は停車してからにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *