Uncategorized

実技講習

仮免許試験に合格すると、次の段階の技能と学科の教習が受けられるようになります。特に技能の方では、ついに実際の路上で運転をすることになります。技能も学科もAT、MT免許で違いはありません。学科が16コマ、技能は19コマになります。

上記の授業をすべて受け終わると、卒業検定と本免許取得のための学科試験があります。卒業検定は、教習所周辺の路上であらかじめ決められたルートを運転します。路上には、歩行者がいるので予想外の出来事が起こり得ます。落ち着いて挑みましょう。卒業検定はすべての授業が終了してから3ヶ月以内に合格しなければなりません。

卒業検定に合格すると卒業証明書がもらえます。これは、入校した教習所でもらえますが、後の本免許の学科試験に必要になります。

合格した後は教習所でなく、免許センターで本免許の学科試験を行います。運転適性検査が終わった後、学科試験が始まりますが100点満点中90点以上で合格になります。これも、仮免許の時と同様にしっかり勉強していれば、範囲は増えていますが合格は比較的容易です。

合格の発表は当日に行われ、免許証の発行もその場で行われます。そのため、学科試験に合格した日にちが本免許取得日になり、そこから1年間は初心者マークをつけていれば自分の運転で路上に出ることができます。免許証に使われる写真もその場で撮影してそのまま使用されるので、気になる人は身だしなみを整えた方がよいかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *