Uncategorized

運転免許取得までの流れ~一般編~

では、ここで運転免許の取得の流れについて説明しようと思います。今回は、一番一般的な普通自動車免許の場合についてです。

まず、普通自動車免許のうちAT免許かMT免許のどちらを取得したいのか考えましょう。先にも述べましたがギアチェンジの有無によってAT車かMT車か変わります。ギアチェンジがある分、MT免許の方が時間と費用がかかりますが仕事で必要になる可能性もあるのでよく考えましょう。

次は、どの運転免許の取得方法にするか選びましょう。教習所にかようことにするのか、長期休暇に合宿をするのか、時間も費用もかけず一発免許を選ぶかになります。それぞれの利点は、先ほどの説明通りです。

入校がすむと早速教習が始まります。教習は技能と学科に分かれています。技能はその名の通り、教習所内にある教習車を使って実際に運転を練習します。学科は、標識の見方や交通規則などの運転に必要な知識を学びます。こちらは学校の授業形式とほとんど変わりません。教習所毎に時間割が決められていることが多く、それに従って決められた回数授業を受けます。学科はATMT免許ともに9コマ、技能はAT免許の場合12コマ、MT免許の場合は15コマです。教習が始まってから9ヶ月以内にすべての授業を終わらせなければならないので、教習所通いの人は注意が必要です。

上記の授業をすべて受け終わると、修了検定と仮免許取得のための学科試験があります。修了検定は、教習所内での技能の授業で学んだことの確認です。ここで、実際に路上で運転させてもいいか審査員が判断します。学科試験は、学科の授業で習ったことをテストで確認します。多少、解釈がややこしい問題もありますが、基本はしっかり勉強していれば落ちることはほぼありません。これに合格すると仮免許取得となりますが修了検定合格後から仮免許の学科試験の合格まで3ヶ月以内であると決められています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *