免許ってどうやってとるの?

運転免許証をとるにはどうすればいいのでしょう。順を追って説明していきます。

まずは取得する免許の種類を決めます。今回は普通自動車免許で話を進めていきます。普通自動車免許をとると決めたら、次は教習所、自動車学校を決めます。この時に通学にするか合宿にするかも決めます。ここで大きくスタイルが変わってきますが、取る流れに変わりはありません。

ざっくりとそれからの流れを説明すると入校し適性検査を受けた後、学科や講習を受け仮免許試験を受けます。仮免許試験に合格すれば路上練習が可能になります。その後また学科や講習を重ね、卒業検定・路上検定を受けます。卒業検定・路上検定に合格すれば卒業証明書が交付されます。

ここで免許取得!ではありません。この次に絶対にしなければいけないことがあります。免許センター(試験場)に行って適性検査を受け、学科試験を受ける必要があります。これに合格して晴れて運転免許証を取得することができるのです。免許センターの試験を合格するまでは免許証を持っていないのでもちろん車を運転することは出来ません。
車というものは扱い方を間違えれば危険なものにもなります。なので運転を許されるようになるまでに多くの時間や努力が必要なのも納得ですよね。便利なものでもあるので、ぜひ頑張って免許証取得までこぎつけましょう!

取得する免許証を普通免許証としましたが、オートマチック限定(AT)とマニュアル(MT)車の運転もできる二種類があります。これも免許をとると決めたらどちらをとるのか決めておきましょう。AT車限定免許を取得しても、あとからMT車を含めた免許を取ることはもちろん可能ですので、その時に自分に合った手法を選ぶのが大事ですね。